勤務形態を変えて両立!アルバイト・パートに転職する

アルバイト・パートに転職する

自分のペースで働く

結婚、出産後に主婦が仕事をする王道パターンが、アルバイトやパートなど、勤務形態を変えた働き方でしょう。いずれにしても正社員よりは収入や待遇は劣りますが、社会保険にも入れますし、時間の融通も利くので、育児をしながらでも社会との接点を持ちながら働ける方法です。

収入を優先するなら、パートタイマー

パートタイマーなら、ほぼ毎日、定刻の仕事につくことができます。フルタイムの場合もあります。仕事内容も、さほど難しいものは無いため、残業等はほとんどない場合が多く、勤務時間も選べるところが多いので、保育園の条件や扶養の関係などをかんがみてパート先を選ぶとよいでしょう。育児期間終了後に本格復帰をする意思がある場合、ブランクを空けずに働くことで感覚を鈍らせずに維持できるというメリットもあります。ママさん歓迎の仕事も少なくありません。ママさん歓迎の職場は育児期間中の欠勤などママさん特有の状況にも理解があるため、働きやすい場合が多いでしょう。

勤務時間に融通を利かせたいなら、アルバイト

アルバイトの募集は、ほとんどがシフト制になります。シフト制であれば、毎月、自分の都合に合わせて仕事を入れることが可能になります。家事や育児、家族の行事など、ある程度、自分のスケジュールを優先した上で働くことができます。ただし、アルバイトの人数が少ない職場の場合、シフトが入っている日の急な欠勤などに代わってもらえる人がいないということもあるので、そのような条件のところは避けるようにしたほうが働きやすいでしょう。

おすすめ記事のピックアップ

ページTOPへ