ペースを変えて両立!自分のペースで働く

自分のペースで働く

自分のペースで働く

子供ができてからは、今までどおりのペースで働くことはなかなか難しいものです。子供が突然熱を出すなど、欠勤・早退・遅刻をせざるを得ないこともあるでしょうし、子育て中はどうしても目を話せないタイミングもあります。今までは、繁忙期は残業もするでしょうし、出張や休日出勤などもあったかもしれません。つまり、仕事のペースに自分を合わせて働くことができるのです。出産すると生活の中心に子供が来るため、仕事のペースに合わせることが困難になります。そこで、子育てと仕事を両立する方法として、仕事のペースではなく、自分のペースで働くことを考えて見ましょう。

在宅業務(内職)

インターネットやパソコンの普及によって、今や内職といっても、多種多様な仕事が在宅でできるようになりました。企業側にも在宅業務へのニーズが増え、簡単な文書作成から、校正やデザインなどのスキルを要する仕事まで、主婦が自宅でできる仕事の種類も量も格段に増えています。
そのような時代の流れにのって、在宅業務を探している人と依頼したい企業を結びつける、いわゆるクラウドソーシングとよばれるマッチングサイトも増えています。そのようなものを利用すれば、仕事をみつけることも難しくありません。在宅でできる仕事であれば、家で子供を見ながら自分のペースで仕事ができます。

思い切って独立する

何らかの特殊なスキルをもっているのであれば、出産を機に独立することを考えてみるのもひとつの方法です。料理教室やお菓子教室、手芸教室など、自宅でできる教室を開くのであれば、負荷なく始めやすい独立パターンといえるでしょう。他には、ネットショップを開いてハンドメイド作品などを販売するのも人気のはたらき方です。趣味と実益を兼ねて、自分のペースで仕事をすることができますので、育児ストレスの解消にもなるでしょう。

おすすめ記事のピックアップ

ページTOPへ