「女性の仕事」を考える【仕事に関する生き方】

仕事に関する生き方

「出産」という大きなターニングポイントを持つ女性のはたらく環境はここ十数年の間に、大きく変化しました。女性たちの仕事に対する意識も変化しています。これらの変化に比例して、「出産か、仕事か」という選択を余儀なくされていた古い文化から、「出産も、仕事も」両立しようという風潮に変わってきました。とはいえ、出産を機にそれまでの勤務先を辞めざるを得なくなる女性も少なくありません。しかし、出産前と同じかたち、同じペースではなくても、「出産と、仕事」をしなやかに両立する道は開けています。

自分のペースで働く

「出産後も仕事はつづけられるのか?」と考えると、このまま続けることは難しいと感じるかもしれません。保育園に預けたとしても、子供はとつぜん熱を出すこともしばしば。その都度、当日欠勤または遅刻・早退せざるをえなくなります。忙しいタイミングでも残業もできないでしょう。そう考えると今のままのペースで続けるのは難しいのかもしれません。でも考えてみれば、今のはたらき方が全てではないんですよね。会社のペースに合わせるのが難しいのであれば、育児を中心に「自分のペースではたらく」という方法を模索してみましょう。

アルバイト・パートに転職する

前項では「ペースを変える」ことを考えてみましたが、もうひとつの考え方として「勤務形態を変える」という方法もあります。勤務時間や勤務日数が短く、出勤日も融通が利く、アルバイトやパートとしてはたらく道です。育児をしながらフルタイムで勤務するのは条件的にも体力的にも大変なこと。アルバイト・パート勤務なら、正社員に比べ、責任の大きさや給料はさがってしまいますが、自分の体力も含めた「はたらける時間」を限定して仕事ができるというメリットがあります。

専業主婦になる

結婚または出産を機に家庭に入る女性もいます。本人が希望する場合もあれば、夫の希望でという人も多いようです。 専業主婦になる=仕事をしない、ということではありません。男性が専業主婦を希望するということは、「収入は自分が稼いでくるから、妻には家事全般をお願いしたい」という意味です。その場合、家事の分担などはありえないでしょう。本人の希望で家庭に入る場合も、同様です。家庭に入り、家事育児全般をこなし、夫を支える、専業主婦という「仕事」について考えてみましょう。

育児後の社会復帰

育児期間中は育児に専念し、子育てがひと段落したら社会復帰してまた本格的にはたらく。これも、「出産と、仕事」の両立として捉えることができます。子育てをしながら同時に仕事もこなすのが無理なら、子育て中は子育てに集中して、落ち着いたらまたはたらこう!という、柔軟かつ合理的な考え方だと思います。その場合、それまで働いてきたキャリアが無にならないか、同じ条件でははたらけないのでは、そもそも簡単に仕事が見つからないのでは。という不安が出てくると思います。ですが、それは育児という現象以前に、仕事のスキルの問題かもしれません。

おすすめ記事のピックアップ

ページTOPへ