条件?容姿?それとも人柄?幸せになれる結婚相手はこう選ぶ

幸せになれる結婚相手を選ぶポイント

幸せになれる結婚相手を選ぶポイント

彼氏がほしい。恋愛がしたい。結婚して幸せになりたい。幸せな結婚生活を送りたい。

タイミングは違えど、女性なら、誰もが一度は思うこともかもしれません。周りがみんな次々に結婚していく様子を見て、取り残されたような気持ちになることもあるでしょう。
でも、焦りは禁物です。「結婚」はできても肝心の「幸せ」になれなければ、意味が無いですよね?「結婚すること」が目的ではなく、「結婚して幸せになること」を願っているのですから。幸せな結婚生活を送っている女性のアドバイスを聞きながら、あなたが本当に幸せになれる結婚相手を探してみましょう。

自分が思い込んでいる条件にしばられないで!

「今のダンナは結婚前フリーターだったんです。結婚するなら年収や仕事の安定している人じゃないと、って思い込んでたから、実は、当時は、彼とは結婚はできないかな。って思ってました。でも彼と一緒にいるとすごく落ち着くし、素の自分でいられたんです。それで、まぁ自分も仕事してるし何とかなるか・・って思うようになって。結局、彼と結婚しました。よく言うけど、やっぱり結婚は生活だから、一緒にいて落ち着けたり、素の自分が出せるかどうかはすごく重要だと思います。ちなみに今は会社に勤めてくれたので当初の不安は解消されて、ごく普通の生活ができています(笑)あのとき条件なんかで別れたりしなくて本当に良かったなって。」

いかがでしょうか?あなたが結婚相手に求める理想の条件は、何ですか?年収?容姿?職業? 特に女性は結婚相手によって人生が少なからず変わりますから、男性に条件を求めてしまうのはある意味自然なことかもしれません。この女性が言うとおり「結婚は生活」ですから、正直、金銭面での条件もいいに越したことはありませんよね。ですが、結婚前のその条件は、結婚後もずっと維持されるとは限りません。転職することもあるでしょうし、病気になることもあるでしょう。そのような数値的な条件だけを判断基準にして相手を選んでしまうと、そのような変化が起きたときに相手に対する愛情は薄れてしまい、こんなはずじゃなかった・・となってしまいます。結婚相手は条件ではなく人ですから、数値的な条件よりも、この女性のように、一緒にいて落ち着く、とか、一生一緒にいたい、など本質的な部分での要素を優先する方が、幸せになれる確率は高いでしょう。

完璧な人間はいないから、欠点を愛せる人を選んで!

「彼とは結婚前から今もよく喧嘩するけど、二人とも後に引きずらないんですよね。わっと喧嘩しても1時間も経てばお互いケロッと(笑) 喧嘩の原因ですか?どうでもいいことがほとんど。靴下は脱いだらカゴに入れてって何回言ってもやってくれない、とか、くだらないことばっかり(笑) やつあたりみたいなこともありますよ。でも、それが良かったっていうか。うまくいえないけど、私も欠点だらけだから、相手にも欠点があってくれた方が楽っていうか・・・。欠点もそのまま見せ合えて許容し合えるのって大事じゃないですか?結婚したら、家族なんだし。多少の欠点よりも肝心なところで信用できればそれでいいっていうか。よくわかんなくなっちゃったけど、そんな感じで、結婚大成功です(笑)」

どうでしょうか。相手の小さな欠点ばかりを気にしてダメ出ししてしまっていませんか?この彼女の言うとおり、相手に欠点があるように、あなたにも欠点はありますよね。完璧を求めるあまり、ほんの些細な欠点ばかりが目について、長所を無視したりしていませんか?肝心なときにあなたの味方になってくれる頼れる人なのに、日常の瑣末な欠点を気にして大切な人を逃していたりしませんか?もし相手があなたの欠点を受け入れてくれる人なら、相手にばかり理想を押し付けるのはやめて、あなたも相手の些細な欠点は受け入れる度量を持ちましょう。「こんな欠点はあるけど、こういう人だから好き!」と思えるなら、その人があなたの相手かもしれません。

おすすめ記事のピックアップ

ページTOPへ