幸せな結婚生活を送る秘訣!

うまく結婚・結婚生活をするには?

うまく結婚・結婚生活をするには?

結婚はゴールではなく新しい人生のスタートです。結婚後の日々の生活が幸せであることが大切ですよね。ましてや、離婚などしてしまっては元も子もありません。残念ながら近年の日本では、3組に1組が離婚するという状況にあります。この人だ!と思った相手と、生涯、共に歩んでいけるように、幸せな結婚生活を送る秘訣を教えます。

何気ない会話に気をつけて

人間は、地球上で唯一言葉をもつ生き物です。言葉でのコミュニケーションはとても大切です。夫婦の会話がなくなってしまったら、それは危険信号。何気ない会話に意識を向けてみましょう。思い当たることがあれば、今日からすぐに実践してみてくださいね。
気をつけるポイントはひとつ、「相手の話を途中で切らない」ことです。まだ話している途中なのに、「そうそう、ところでそういえば、あの件だけど」と話題を変えてしまうことはありませんか?悪気がないのはわかりますが、話しかけの話題を切り上げられた相手はさみしい気持ちになっています。相手が話しているときは、ちゃんと最後まで聞いてあげましょう。時には愚痴をこぼしたいときもあるでしょう。愚痴をきくのは疲れますよね。その気持ちもわかります。でも、あなたは彼の最大の理解者。最後まで愚痴を聞いてあげるだけで、彼はスッキリするのですから、つきあってあげてくださいね。会話は、毎日生活を共にしていると、ついおざなりにしてしまうポイントです。悪気なくぞんざいな物言いになってしまったり、つい違うことを考えながら上の空で返事をしてしまったり・・・結婚前のラブラブ気を思い出して、できるだけ普段の会話を大切にしてみましょう。
夫婦ふたりで気をつけていくと良いのですが、相手を変える前に、まずはあなたから変わってみましょう。あなたが変われば、自然と相手の反応も変わってきます。

夫婦でも、自分ひとりのプライベートエリアは必要。干渉し過ぎないこと

相手のことを好きであればあるほど、相手の全てが気になって、干渉せずにいられない。という人もいるでしょう。あなたにとっては愛情表現のつもりでも、何にでもうるさくアレコレと干渉していては鬱陶しがられてしまいます。夫婦であっても、ときにはひとりでぼんやり過ごす時間もほしいですよね?どんなにラブラブな夫婦でも、お互いに干渉されない領域を維持することで良好な関係を保てるでしょう。相手の様子を見て、今日はそっとしておいてあげよう、ひとりにしておこう、など空気を読んであげることも大切です。そういう余裕のある懐の深い女性には、男性も安心して心を開けるものですよ。いちいち干渉せずに、ゆったりとした気持ちで構えましょう。

相手の好き嫌いを把握する

誰にでも好きなものと嫌いなものがあります。食べ物の好み、人の傾向や言動、色やセンスなど・・・彼がどんなものを好きで、何が嫌いか、把握していますか?特に、彼の嫌いなものは注意して覚えておいてください。彼が不快に思うことはしたくありませんよね。そのためには嫌いなものを知ることが大切です。家に帰れば、食卓には嫌いな食材が平然と並び、苦手なテイストのインテリアで埋め尽くされ、あまり好まない話題を聞かなければならないなんて・・・苦痛でしょ?居心地のいい空間づくりには、相手の好きなものを知ることもさることながら、まずは嫌いなものをきちんと知っておくことが大切です。

おすすめ記事のピックアップ

ページTOPへ