育児ストレスを溜めずに、子育てを乗り切る!

育児でストレスを溜めないためには

育児でストレスを溜めないためには

育児は体力的にも精神的にも大きな負担になります。ストレスで万が一育児ノイローゼになってしまっては、赤ちゃんもかわいそう。夫婦でその負担を分担し、育児ストレスを溜めないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

父親が育児に参加する!

最近では、育メンなどの言葉も流行し、父親が育児に参加する風潮が高まっています。男性社員にも育児休暇を支給する企業も増えてきているそうです。父親となる男性も、子育てに関する意識をもち、知識を学ぶ努力をするべきです。父親の手助けなく、母親一人で抱え込んでは、育児ストレスは溜まる一方で、夫婦仲までぎくしゃくしてしまう恐れが。

周囲の助けを借りるなど、素直に頼る!

どの地域にも、子育てサロンなど、行政がおこなう子育て支援サービスがあります。先輩ママがアドバイスをしたり、同じ年令の子供をもつ親達があつまって、悩み事などの相談をします。地域だけではありません。おばあちゃん、おじいちゃんにあたる、あなたたちの両親も頼られることを期待しています。できるだけ、頼れる先を確保し、遠慮なく頼っていく、そんな関係を構築していくことも、育児ストレスを乗り切る方法です。

完璧主義になりすぎない

はじめての子育て、右も左もわからないことだらけ。育児書を読み漁り、インターネットで育児情報を調べ、ママ友と情報交換をし、ちゃんとした育児をしなければと、新米ママは必死になります。ちゃんとしなきゃ、完璧にしなきゃと、必死になりすぎて自分を追い詰めてしまうのも育児ストレスの要因です。できるだけゆったりと、おおらかな気持ちでいられるよう、夫婦で心がけましょう。

おすすめ記事のピックアップ

ページTOPへ