「出産と、仕事」 子育てと仕事の両立を考える

育児と仕事の両立

育児と仕事の両立

いまの仕事は辞めたくない、キャリアを棒に振りたくない、でも子供もほしい・・。出産にはタイムリミットがあるからこそ、育児と仕事の両立は女性にとって悩ましいテーマです。キャリアを積んで責任のあるポジションを任され、バリバリ仕事をこなしている女性ほど、「出産したら”今のまま”働くことは不可能」と感づいているのではないでしょうか。あえて、感づいているという言い方をしました。会社の制度や預け先など、外部要因をものさしにすると、不可能かどうかはわからなくなります。しかし、自分自身の許容量をものさしに考えると答えは出ると思います。つまり、今バリバリこなしている通りの仕事量の隙間で育児が可能と思えるか?ということですが、ほとんどの女性がNOと答えるのではないでしょうか。その時点で、「育児をしながら”今のまま”働く」ということは難しいという結論が出てしまいます。育児と仕事の両立は、「今のまま」にこだわらず、柔軟な考え方をした方が良いでしょう。

しなやかにとらえる「出産と、仕事」

出産育児によって、仕事では今と同じポテンシャルを発揮できなくなることは確かです。育児期間中は今のままではなく、自分のためにもペースを変える、環境を変えるなどして、そのときのポテンシャルに合う働き方を選ぶのも、柔軟な選択です。育児後に同じポテンシャルを発揮できるようになったら改めて復帰できるだけのスキルや力、存在価値を今のうちに築いておくことが重要です。

子供を預ける環境の問題

最近では、保育園が足りず待機児童が問題になっています。子供が何歳になるまで自分で面倒をみたいかによっても、保育園にいれるタイミングは変わってきます。どちらにせよ、近所に両親がいるなど、面倒をみてくれる人が近くにいない場合は、保育園に頼ることになります。自分が住んでいる地域の保育園の空き状況は常にチェックしておきましょう。また、保育園によっても預けられる時間帯や条件などそれぞれ差があります。延長保育の有無などもチェックしておくと良いでしょう。

育児休暇後の職場復帰

多くのママさんが出産後も仕事復帰を希望していながら、現実的には、上司や経営者の理解、仕事仲間の協力などを得られずに仕事復帰を断念しているようです。断念してしまった状況は人それぞれですが、特定のスキルのある女性や、自分の価値を高める努力をしていた人は職場復帰が叶っているようです。

おすすめ記事のピックアップ

ページTOPへ